専門家が”いぬとねこ”について解説してみた

犬と猫の病気についてわかりやすく解説します

ワンちゃんが誤って食べた以外ものとは…

 こんにちは、今回は犬、猫が食べてしまった意外なものについてお話ししたいと思います。実際吐かせてみると、まさか、こんなんものが…というものがすることがあります。自分が体験したものや、知り合いから聞いた話をまとめてみたいと思います。

食べてしまったランキング

3位:出勤時に使うアレ

 今回の猫ちゃんは誤食の常習犯です。今日からすごい吐いててと慌てた様子の飼い主さん。”何か食べたんですか?”と聞くと、すこし気まずそうに”ストッキングが破けてなくなってるんです”調べてみると、確かにおなかがパンパンです。すぐに、手術でとりだすと確かにストッキングが…。その後、元気になり退院です。飼い主さんには今後気を付けてくださいと説明し、1か月後………。またストッキング食べて来ました……。

どれだけストッキングがすきなんだろう……。

 

2位:女性が使うヒモ状のアレ

 女性の飼い主が何かを食べてしまったと、診察に来ました。”今日はどんなものを食べたのですか?”と聞くと、”ちょっと、ひも状のもので…”なにを聞いてもこれ以上の回答はありません。仕方なく、吐かせてみるとレースの付いた青色のヒモが。とりあえず飼い主さんに”これで間違いないですか?他にまだ食べてますか?”と聞くと、ようやく”実はブラジャーの肩ヒモが片方なくなってまして…。”と答えてくれました。聞いたこちらも気まずく…無理に聞いたことを後悔です。

 

1位:夜に使うアレ

 深夜の1時頃でしょうか。電話が鳴り、若い男の人の声で犬がナニかを食べたので、今から見てほしいとの連絡が。病院で待っていると、若いカップルが小型犬を連れて来院です。カップルが言うには目を離したすきに床に落ちていた何かを食べたとのこと。

夜も遅かったので、こちらも詳しくは聞かず、いつもどうりに吐かせると…。”んっ?何だこれ?””透明な風船?””……コ〇ドーム‼しかも使用済み‼”

飼い主さんには使用済みコ〇ドームはみせず、とりあえず異物が出たと伝えることに…。

 

 どうでしたか、うちの子が食べたら説明しずらいなーと思うようなものがあったと思います。お互いに気まずい思いをしないように日頃から部屋の掃除をして誤食がないように気を付けましょう。

 

 

では実際に吐かせるときは…

オキシドールは危険!塩はダメ!!

 実際吐かせる方法をインターネットで調べてみるとオキシドールや塩を使って吐かせる方法が書いてあったりします。しかし、実際の動物病院でそう言ったものを使っているところはほとんどないのではと思います。

 まず、オキシドールを使った場合はかなり胃が荒れます!!人工的に胃潰瘍を作っているようなものですね。

 そして、食塩は中毒症状で神経症状が出たり、最悪亡くなってしまうのでやらない方がいいですね。

 何か食べたら、すぐ動物病院に連れていきましょう。4時間以内なら吐かせられますよ!