専門家が”いぬとねこ”について解説してみた

犬と猫の病気についてわかりやすく解説します

消毒薬のいろいろ。新型コロナウイルスに効きそうな消毒薬は?

 最近はマスクや消毒薬が手に入らないこと多いと思います。薬局やスーパーでもマスクと消毒薬のところだけ空になっていたりして全く手に入らず困ってしまいます。そんな時にニュースでハンドソーブや洗濯用洗剤でも新型コロナウイルスに効くとやっていました。そこで、今回は消毒薬の種類や効力、注意点をまとめてみたいと思います。

 

 

消毒薬の種類

エチレンオキサイド、アルデヒド類、ハロゲン類(塩素類、ヨウ素類)、オキシドール、アルコール類、フェノール類、界面活性剤(両性、陽イオン)、クロルヘキシジン

があります。この中で実際に売っていそうなものは、ハロゲン類(塩素類、ヨウ素類)オキシドールアルコール類界面活性剤(両性、陽イオン)ではないでしょうか。

 

効力

 細菌、ウイルス、真菌(カビ)にどのくらい効果があるのかを説明します。

ハロゲン類(塩素類、ヨウ素類):細菌、ウイルス、真菌の全てに効果あり

オキシドール:一部の細菌には微妙なことがありますが、ウイルス、真菌に効果あり

アルコール類:一部の細菌とウイルスに微妙なことがありますが、真菌には効果あり

界面活性剤一部の細菌とウイルス、真菌に微妙なことがあり

 

こう見ると塩素やヨード系の消毒剤が一番いいかもしれませんね!

ただし、新型コロナウイルスはエンベロープをもっているウイルスです。エンベロープを持っているウイルスには、ほぼすべての消毒薬が効果があります。表面活性剤も微妙なこともあるようですが、効果があるようです。

 

注意点(消毒していいところ)

 ハロゲン類(塩素類、ヨウ素類):消毒の効果は強いですが金属には使わないほうがいいです(腐食してしまいます)。ヨウ素類はうがい薬もありますが、塩素は体の消毒には注意が必要です。

 アルコール類:いろいろ消毒できますが、口や目など粘膜の消毒はやめた方はいいですね。そして、皮膚では傷があるとかなりしみます。

 表面活性剤:消毒効果は弱いですが、いろいろ使えるみたいです。

 

まとめ

 消毒効果はハロゲン類(塩素類、ヨウ素類)が1番効果がありそうです。ただ、金属の消毒には向いてないようです。新型コロナウイルだけ見るとなんでも効果がありそうです。