専門家が”いぬとねこ”について解説してみた

犬と猫の病気についてわかりやすく解説します

【前十字靭帯断裂】急に後ろ足を痛がったりすることはありませんか?

急に後ろ足を痛がったり、跛行をするといった事はありませんか?そんな時は前十字靭帯が切れているの可能性があります。背景に他の病気があったり慢性化する可能性があります。場合によっては手術が必要可能性があります。

 

 前十字靭帯断裂とは

 前十字靭帯という膝にある靭帯が切れてしまう病気です。大型犬に多い病気ですが、小型犬でも膝蓋骨脱臼があると靭帯を痛めてしまうことがあります。靭帯が切れていると足を曲げることができず、お座りがうまくできません。半月板という膝のクッションを痛めていることもあり、その時は膝を曲げたり伸ばしたりするときにパキッパキッと音がします。また、靭帯が切れているので膝が前後に動いたり、膝の周りが腫れたりします。

 

治療

 小型犬では痛み止め飲んで安静にしていると数週間で歩けるようになってきますが、よくならない場合は手術が必要です。大型犬では膝への負担が大きいため手術が必要になります。

 

日常生活での注意点

 痛み止めで様子をみている場合は歩き方をしっかり確認し、悪化していないか注意しましょう。肥満は足に負担がかかるので、しっかり体重管理をしましょう。サプリメントをのでいると膝の健康にいいです。

 

まとめ

 前十字靭帯断裂は大型犬に病気です。座り方がおかしかったり、膝からパキッパキッと音がするようであれば、すぐに動物病院へ行きましょう。体重の管理に気をつけサプリメントで膝の健康を維持しましょう。