専門家が”いぬとねこ”について解説してみた

犬と猫の病気についてわかりやすく解説します

犬と猫のコクシジウム症

 今回はコクシジウムについて解説します。コクシジウムは原虫と呼ばれる寄生虫です。コクシジウムの症状としては下痢などの消化器症状がでるので、子犬や子猫で下痢が続く場合は、しっかりうんちの検査をしてもらいましょう。

f:id:Mrshamster:20210603205728j:plain

コクシジウムのオーシスト

 感染したコクシジウムはうんちにオーシストといった卵のようなものを排出します。そのオーシストは時間がたつと感染力を持つようになり、それを接種することで感染します。ペットショップや保護した猫でよく見ることがあります。ペットショップではしっかり駆虫している事がほとんどなので、保護猫以外で一般の飼い主さんが見ることは少ないと思います。