獣医師が”いぬとねこ”について解説してみた。ときどき、ハムスター日記。

犬と猫の病気についてわかりやすく解説します。たまに、ハムスターのかわいい写真を紹介します。

【犬と猫のアナフィラキシーショック】ワクチンを打った後、食後に急にぐったりしたりしたことはありませんか?

 今回は犬と猫のアナフィラキシーショックについて解説したいと思います。アナフィラキシーとは、IgEを介したⅠ型アレルギー反応(即時型過敏反応)で、症状は30分以内で現れることがほとんどです。

 ワクチン接種後にアレルギーを起こしやすい犬種は、小型犬や純血種で、特にダックスフンドは発症する子が多いです。

アナフィラキシーの原因

  • ワクチン
  • 食べ物
  • 麻酔薬
  • 抗菌剤
  • 造影剤

 

症状

 軽度のものだと皮膚が赤くなったり腫れたりするだけですが、ひどい場合は呼吸困難や循環不全で死亡することもあります。

 

治療

 軽度ものでは抗ヒスタミン剤やステロイド剤で対応できますが、重症な子は、循環の管理や気道の確保など救急の処置が必要になりますので、すぐに動物病院に行きましょう。

 

まとめ

 純血の子、特にダックスフンドはアレルギー出やすいのでワクチンの後や薬の投薬、新しく与える食べ物などは注意しましょう。アナフィラキシーショックは30分以内に起こることがほとんどなので、その間は注意して観察しておきましょう。